1. TOP
  2. 【2018年度版】有料のECショッピングカートASPを徹底比較!通販サイトにおすすめなのはどれ?
ダイレクト通販マーケティング理論®を活用した売れるネット通販・ECサイト・ネットショップ構築講座

【2018年度版】有料のECショッピングカートASPを徹底比較!通販サイトにおすすめなのはどれ?

 2018/09/05 ネット通販
この記事は約 12 分で読めます。 632 Views

ネット通販を始めるためには、商品を販売できる決済システムを備えたネット通販サイトが必要になります。

通常、決済システムを備えたネット通販サイトを作る方法としては、Web制作会社に依頼するか、自分で作るか、の2つの方法があります。

Web制作会社に依頼するにはお金が必要になり、自分でサイトを作る場合にはWebデザインやWebシステムの知識やスキルが必要になってしまいます。

そんな、小さな通販事業者にとってハードルの高いネット通販サイトが、安くかつ誰でも簡単に作ることができるサービスがECショッピングカートASPです。

カラーミーショップやBASEと言った、ECショッピングカートASPを使えば、誰でも簡単にネット通販サイトを構築でき、ネット通販事業を始めることができます。

個人の趣味レベルで使うのであれば使える機能や容量の制限のある無料のECショッピングカートASPで十分と言えますが、事業として行いたい場合には機能が充実した有料のECショッピングカートASPを使うのが一般的です。

ここでは、数ある有料のECショッピングカートASPの特徴や料金、容量などを徹底比較しています。

「どのECショッピングカートASPを使えば良いか分からない・・・」という方はぜひ参考にしてみてください。

※個人でまずは無料のECショッピングカートASPを使いたいという方は、次の記事で徹底比較をしているので、こちらの記事を参考にしてみてください。

続きを読む >

ECショッピングカートASPとは?

ECショッピングカートASPとは、登録して、マニュアルに沿って設定するだけで、WebデザインやWebシステムの知識がなくとも簡単に立派なネット通販サイトを作ることができるサービスのことです。

こういう通販サイトが誰でも簡単に出来てしまいます!

【画像引用元:カラーミーショップ「ショップデザイン」

また、面倒な手続きをすることなく、クレジットカード決済など、決済システムをネット通販サイトに簡単に導入することができるのもECショッピングカートASPを使うメリットと言えます。

無料と有料、どっちを選ぶべき?

ECショッピングカートASPには無料で使えるものと、月額で有料で使えるものと大きく分けて2種類が存在します。

無料のECショッピングカートASPは、使えるサーバーの容量や商品登録限度数に制限があったり、独自ドメインに対応していなかったり、使えるサイトデザインのテンプレートなどが限られていたりと使える機能に制限があります。

一方で有料のECショッピングカートASPは無料に比べて機能に制限が少なくなります。

無料と有料、最初はどちらを選べば良いか迷ってしまう方が多いと思いますが、今後みなさんがネット通販事業をどうしていきたいかによって選ぶと良いと思います。

趣味程度で副業としてやるレベルであれば無料でも十分ですが、ネット通販事業として今後10万、100万、1,000万と売上を伸ばしていきたいということであれば、有料のECショッピングカートASPを選んだ方が良いと言えます。

通販ライターあいけん
最初は無料のECショッピングカートASPから初めて、売り上げが立ってきたら有料にするというのは出来ないんですか?
西村先生
出来ますが、無料の場合は使えるサイトデザインテンプレートなども限られてきたりするので、改修や切り替えの手間などが発生します。なので、最初から事業としてネット通販をやるのであれば、有料ショッピングカートASPを使った方がスムーズなんですよね!
  • 個人の副業レベル:無料ショッピングカートASP
  • 個人事業、会社で事業として行う場合:有料ショッピングカートASP

ECショッピングカートASPの選び方

世の中には、多くのECショッピングカートASPが存在します。

特徴や機能、料金体系などもそれぞれ違うため、どのECショッピングカートASPを使えば良いか分からないという方や、選べないという方も多いと思います。

特に有料の場合には「一度契約した後にもっと使い勝手の良いECショッピングカートASPが見つかったら・・・」と考えてしまうことが多く、なかなか選べないという相談もよく受けます。

そういった方はまずは、ネット通販のビジネスモデル(単品リピート通販か?仕入れ転売か?ハンドメイト販売か?)である程度絞り込み、あとはその他の機能や価格などを比較して選ぶのがおすすめです。

ネット通販のビジネスモデルでECショッピングカートASPを絞り込む

ネット通販には「単品リピート通販」「総合通販」「ハンドメイド販売」と、大きく分けて3つのビジネスモデルがあります。

それぞれ次のような特徴のあるネット通販です。

  • 単品リピート通販:OEMなどで自社開発した商品を何度もリピート購入してもらうビジネスモデル。少ない商品ラインナップで始められるため、資金力のない小さい通販会社に向くビジネスモデル。
  • 総合通販:多くの商品を仕入れサイトや卸問屋などから仕入れ販売するビジネスモデル。他のサイトでも販売されている商品を売るため、商品ラインナップを多く揃えなければならない。
  • ハンドメイド販売:ハンドメイドのアクセサリーやジュエリーなどを販売する。仕入れ転売ほどではないが、商品点数は作った分増える。

ECショッピングカートASPはそれぞれ使える機能などが違うため、自分がこれから始めようとするネット通販のビジネスモデルがどのタイプなのかによって、ECショッピングカートASPの向き不向きがあります。

例えば単品リピート通販であれば、商品が最低1つあれば出来てしまいますし、商品点数が少ないため、次のようにランディングページ(縦長の商品販売ページ)のような広告をかける用のページがあると非常に便利です。

こういったランディングページが簡単に作れたり、リピート購入のためのステップメールが簡単に遅れたり、広告の効果測定や分析が簡単にできたりと、単品リピート通販事業者にとって便利な機能を持ったECショッピングカートASPを選ぶとベストです。

例えば、「リピスト」というECショッピングカートASPは「リピート通販専門」であり、単品リピート通販事業者にとっての機能が充実しているのでおすすめです。

【画像引用元:リピスト

また、他にも「たまごリピート」というECショッピングカートASPも単品リピート通販に向いているASPです。

一方で、「仕入れ転売」の場合には、どうしても商品点数は100、200、300と多くなるので、サーバーの容量や登録できる商品点数ができる限り多いものがおすすめです。

代表的なASPが「ショップサーブ」「MakeShop」「カラーミーショップ」です。

とりあえずこの3つを抑えておけば問題ありません。

「ハンドメイド販売」の場合には、ファン化するためにブログやコンテンツなどと連携していく必要があるので、最初からそういった機能がついているECショッピングカートASPを選ぶと便利です。

このように、どのネット通販のビジネスモデルかによって、ある程度絞り込むことができるので、あとは価格や、その他の機能などで選ぶと良いでしょう。

【徹底比較】これだけ押さえればOK!有料ECショッピングカートASPの特徴と機能

ある程度使用するECショッピングカートASPが絞れたら、費用や特徴などで選んでいきましょう。

ECショッピングカートASPによっては、料金によってプランが別れる場合もありますが、ここでは最初に契約する方が多い一番低い有料プランで比較します。

ビジネスモデル 費用 決済方法 商品登録点数 特徴
MakeShop
  • 総合通販
  • ハンドメイド販売
  • 初期費用:10,000円
  • 月額費用:10,000円※1
  • 販売手数料:無し
  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • Amazon Pay
  • 楽天ペイ
  • 代金引換
  • 銀行振込・郵便振替
  • ウォレット決済
  • ネット銀行
  • キャリア決済
  • Paidy翌月支払い
  • 後払い決済
  • ショッピングクレジット
  • 価格.com安心支払い
  • BtoBオンライン決済
  • リクルートかんたん支払い決済
10,000点 代表的なECショッピングカートASPの1つです。168種類の豊富なデザインテンプレートや、多くのアフィリエイト業者との提携、基本的な機能、サポート体制も充実しています。月額料金は少し高めですが、ワードプレスのインストールが出来たり、サイトのメディア化がしやすいASPとしても有名です。
カラーミーショップ
  • 総合通販
  • 初期費用:3,240円
  • 月額費用:3,240円※2
  • 販売手数料:無し
  • クレジットカード決済
  • 後払い
  • コンビニ払い
  • 代引き決済
  • AmazonPay
  • 楽天ペイ
無制限 比較的初期費用や月額費用を抑えて始めたい事業者に向いているECショッピングカートASP。ワードプレスをインストールするためには、上位プランにする必要があります。
ショップサーブ
  • 総合通販
  • 初期費用:10,000円
  • 月額費用:11,200円
  • 販売手数料:無し
  • 注文処理手数料:34円/1売上
  • クレジットカード決済
  • 後払い決済
  • コンビニ決済
  • 銀行ATM、ネットバンキング決済
  • AmazonPay
  • 楽天ペイ
  • Yahoo!ウォレット決済
  • 電子決済
10,000点 Googleショッピングや、価格.comなど大手サイトに自動出品することができる点が特徴です。ワードプレスのインストールには初期費用で4,565円、月額費用で1,000円と費用がかかります。
リピスト
  • 単品リピート通販
  • 初期費用:69,800円※2
  • 月額費用:39,800円※2
  • 受注手数料:20円/1件※2
  • 各種決済対応
  • クレジット自動引き落とし対応
30点※2 リピストはお問い合わせフォーム付きのLPが簡単に作れ、顧客の引き上げなど単品リピート通販に特化したASPです。ワードプレスには対応していないので、メディア化などを考える人は他のASPを検討しましょう。もしくは外部サイトを構築しましょう。
たまごリピート
  • 単品リピート通販
  • 初期費用:69,800円※2
  • 月額費用:49,800円※2
  • 各種決済対応
  • クレジット自動引き落とし対応
月間出荷数上限:1,000件※1 たまごリピートは単品リピート通販に特化したECショッピングカートASPとして多くの会社に使われています。単品リピート通販特有の機能などが充実しています。ワードプレスには対応していないので、メディア化などを考えている人は他のASPを検討しましょう。もしくは外部サイトを構築しましょう。

※1:上位プラン有り
※2:上位プラン、下位プラン有り

他にもたくさんのECショッピングカートASPがありますが、あまり選択肢が多すぎても選ぶのが難しいと言えます。

上記5つのECショッピングカートASPでほとんどの場合問題ないので、もし迷っている方は上記5つの中から選んでおけば間違いありません。

もしどうしても満足できないという場合にのみ、次のECショッピングカートASPも検討してみてください。

  • FutureShop2
  • CARTSTAR
  • おちゃのこネット
  • e-shopsカート2
  • Xcart
  • イージーマイショップ
  • eShop-do
  • UP Tempo
  • コレカゴplus
  • aishipR
  • FC2カート
  • ECドルフィン

自分のネット通販ビジネスにぴったりなECショッピングカートASPを選ぼう!

ECショッピングカートASPは今後ずっと長く使っていくものですから、ちゃんと自分のビジネスモデルに沿って、将来を見据えて選ぶ必要があります。

通販ライターあいけん
西村先生のおすすめはありますか?
西村先生
そうですね、ビジネスモデルによって次のように選ぶと良いと思います。
  • 単品リピート通販:価格が安いプランもあり、LPが簡単に作れる「リピスト」
  • 総合通販(メディア化を考えている):ワードプレスのインストールが容易なMakeShop
  • 総合通販(メディア化を考えていない):安く機能が充実しているカラーミーショップか、ショップサーブ
  • ハンドメイド販売:ワードプレスのインストールが容易なMakeShop、または販売のみで良いのであれば安く始められるカラーミーショップ
ダイレクト通販マーケティング理論®を活用した売れるネット通販・ECサイト・ネットショップ構築講座

\ SNSでシェアしよう! /

ネットショップ・ECサイト 売れ続けるためのネット通販の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ネットショップ・ECサイト 売れ続けるためのネット通販の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
【初心者向け】西村さんの愛されネットショップ教室開講!
手作りアクセサリーやオリジナルの雑貨、キャンドル、ピアス、洋服をネットショップで販売していきたい。SNSやアプリを駆使しても一向に売れる気配がないという経験はありませんか?

売れない理由は「商品が悪い」訳ではなく、「売り方」を知らないだけです。20年以上ネットショップ業界を経験した愛されネットショッププロデューサーの西村公児が、あなたの商品がお友達やお客様にもっと売れて愛される秘訣をお伝えします。


愛されネットショップ教室の詳細を見る

監修者紹介 監修者一覧

西村 公児

西村 公児

東証一部上場企業、年商600億円の大手通信販売会社で販売企画から債権回収まで通販実務を16年経験。その後、化粧品メーカーの中核メンバーとして5年マーケティングに参画。

年商253億円のニュージーランドのシンボルフルーツ企業の販促支援でレスポンス率を2倍にアップ。

講演会や主宰する10億通販塾の経営者、延べ300名以上に「ダイレクト通販マーケティング理論」及び、「LTVベルトコンベア理論」を提唱し、『熟練技術者による技能継承訓練』の認定研修講師として活躍。

更に、国内の注目ビジネスモデルや経営者に焦点を当てたテレビ番組「ビジネスフラッシュ」に出演、東洋経済オンラインに記事連載。

また、著書にはベストセラーとなった、伝説の通販バイブル(日本経済新聞出版社)、【小さな会社】 ネット通販 億超えのルール(すばる舎)がある。

現在、多摩大学 経営情報学部の非常勤講師として「ビッグデータの活用法」について学生に教える。

監修者  記事一覧

  • 売れないネットショップを売れるネットショップに変える5つのポイント!

  • 小さな会社が新規事業を立ち上げ成功させる秘訣!どんな新規事業が成功しやすいのか?

  • 【徹底比較】ネット通販の発送代行サービスをやっている物流倉庫21選

  • 化粧品や健康食品のネット通販をやるなら知っておくべき薬機法(旧薬機法)のOK・NG広告表現

合わせて読んでおきたい記事

  • ネット通販・ECサイト・ネットショップの広告の種類と広告宣伝費の目安とは?

  • ネット通販・ECサイト・ネットショップを開業して成功する人と失敗する人の違い

  • ネット通販の売れるサイト(ランディングページ)の作り方

  • ネット通販の開業をするためには何が必要?具体的な手順は?

  • ネットショップ・ECサイト・ネット通販の開業に必要な資格や届出、許認可手続きとは?

  • 【2017年度版】無料で使えるショッピングカートASP9種類を徹底比較!